top of page
  • 執筆者の写真kachirou kano

news_20230821

更新日:2023年9月2日

イベント参加のご報告 今後のイベント参加予定について


 お世話になっております、狩野製作所です。イベント参加のご報告です。今回は7月30日のにじかるさみっと いよしこく祭と、8月13日に開催されたコミックマーケットC102 2日目にサークル参加しました。まずはいよしこく祭から。

 会場は松山市の隣にある東温市、クールス・モール内で行われました。ショッピングモールの中に開けた部分があって、小さなステージがあるような場所です。いままで開けた場所で即売会をやった経験が無かったので、ちょっとそわそわしてしまいました。周りを店舗に囲まれており、自分の背後10mほどにはマクドナルドがありました。そういう位置なので若い人の出入りは非常に多く、おそらく東方を知らない親子連れがスペースを見ていくことがありました。頒布のペースは中々スローでしたが、少数ながら頒布できたので良かったです。今回遠方への遠征ということで、松山市の観光も少しできて楽しかったです。

続いて8月13日のコミックマーケットC102 2日目。

今回はスペースの配置が重要で、なんと上海アリス幻樂団の斜め前でした。自分のサークル設置は入場後早々に終わったので、自分のスペースから上海アリスを見学することにしました。サークル入場開始後しばらくすると続々とスタッフがスペースに入り、多量の頒布物を扱う様子を見ることができました。普段上海アリスは会場の屋外に向かってスペースを開くため、裏側(会場の屋内側)から出来上がっていく様子を見るのは大変新鮮でした。スペースができた後、開場の直前に数人がサークル前に並び始めました。様子を見ているとどうやら新刊交換をしているようです。当サークルのような無名がご挨拶していいのかと悩みましたが、思い切って並びました。最終的にはZUNさんと直接お話でき、「大戦争を楽しむ人へ」と「Knowledge」をお渡しすることができました。上海アリスの新刊である獣王園には元よりお代を払うつもりでしたが、いいよいいよと言ってそのままお渡しくださいました。寛大なご対応を頂いたことにいたく感謝するとともに、同人誌という形で原作者に作品の御恩をお返しすることができて大変満足しました。

 イベント開始前に満足してしまいましたが、スペースには一般来場者の方が多く訪問されました。コロナ以後の数年で一番多い来場のペースであったと思います。同人誌は在庫の少ない順にTouhou Review、Knowledgeとなくなり、大戦争を楽しむ人へはまだ余裕がありました。このとき台風接近により雨が強くなったため、新幹線が止まったらまずいと考え14時でスペースを撤退しました。そのあとに訪問頂いた方がいらっしゃったら、申し訳ありませんでした。かわいい差し入れ(上記画像とパインアメ1つ)もいただき、ありがとうございました。在庫が濡れないように大事に持ち帰り、なんとかその日中に自宅に戻ることができました。


 さて今後のサークル活動について、考えていることがあります。突然ですが、二次創作の同人活動を行う目的とは何でしょうか。当然活動者によって目的は様々に異なると思いますが、狩野が活動する目的は「自分が触れ合って楽しい・嬉しいと感じたコンテンツを人々に広く伝えて共有し、コンテンツの理解と体験を通じて人々の満足と喜びを大きくすること」です。今でこそすべての東方原作に関連して攻略本を公開していますが、根本的な活動の対象は「妖精大戦争」というゲームに限定されていました。その根本的な活動に関する話です。上に記した目的の「人々」の中には自分自身も含まれるのですが、最近自分の満足と喜びは最近少し落ち着いた気がしているのです。きわめて個性的で独創的ながら余り目立たなかった作品が、自分が行った活動の傍ら、以前よりは熱を帯びて存在感を持つようになりました。自分の活動は大した貢献をしていないと思うのですが、そうであっても自分が作った同人誌は、原作者に帰る熱の形として許されうる程度のものであったのではないかと思います。来月のあ大祭は9月9日が土曜日になる年にのみ開催されるレアイベントですが、自分の同人活動は前回5年前のあ大祭から始まりました。細々と冊子の頒布を続けて、ついに5年の時が過ぎようとしています。自分が行った活動と作品をとりまく環境を考えると、自己満足の活動として、遂に満足できる水準に達したと感じたのです。今後は主に自分以外の人々に対して、今まで通りの目的に沿って活動を続けていきたいと思います。正直なところ、同人誌即売会で冊子を配るよりもSNSや動画サイトでバズったり、手軽にゲームを遊べるmodが出回る方が宣伝として効率的なので、自分の活動がどれほどの役割を果たせるかは分かりません。しかし確かにイベントで直接お話する方や連絡を下さる方が居て、自分の活動が届いているのだと感じることができます。たとえ小さくとも役割が果たせる限り活動を続けようと思います。そしてその役割が果たせなくなる頃には、活動を終える時期が来るのであろうと思っています。


 今後のイベント参加予定ですが、上記の通り5年ぶりの開催となる9月9日(土)のあ大祭、10月15日(日)の東方紅楼夢 第19回、11月12日の第十回博麗神社秋季例大祭を予定しています。年末のコミックマーケットは元々スケジュールが怪しかったところに、申し込みを忘れてしまったので欠席することになりました。また10月の紅楼夢もスケジュールが怪しく、直前まで調整を試みますが、難しい場合は欠席となるかもしれません。参加の可否を含めて、Twitterアカウント(今はXですね)で告知していきますので、ご確認のほどよろしくお願いします。今年もあと4か月ですが、頑張って生きましょう。ではまた。



閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page